女性ホルモン 増やし方 薬

女性ホルモンの増やし方は薬で増やすのが一番おすすめ!

 

たくさん世の中に出回っているバストアップサプリメント。
それらは女性ホルモンに働きかけているものがほとんどです。
バストアップサプリメントの仕組みと副作用についてまとめてみました。

 

バストアップサプリメントの仕組み

バストアップをサプリで飲むだけで気軽にサポートできると良いですよね。
ただし、やはりサプリといえども口にするものです。副作用等体への影響が心配ですね。

 

そもそもバストアップのサプリは女性ホルモンに働きかけるものがほとんどです。
女性ホルモンは体のリズムをコントロールする大事な働きを持っています、その為ホルモンを増減させてしまうサプリを飲む際は要注意なのです。

妊娠中の方は気を付けて

特に、妊娠中の方や妊活中の方は要注意だと思います。バストアップサプリの中にはエストロゲンと呼ばれるホルモンに影響を与えるものがあります。

 

妊娠中の方がバストアップサプリを飲むとエストロゲンが急激に増え、赤ちゃんを産むのに必要な本来のコンディションを崩してしまいます。

 

大切な赤ちゃんを授かっている時期は少しでも体のコンディションを整えておきたいものですよね。
妊活中の方もホルモンバランスが崩れると自分のバイオリズムを把握しずらくなりがち、すなわち妊娠のタイミングを掴みづらくなってしまいます。

妊娠していなくても生理不順に

又、妊娠中でない方でもエストロゲンが急激に増えると生理のリズムに影響が出る可能性があります。
女性の体は生理のリズムを中心に体温が上がったり下がったり、眠くなったり食欲が出たり、気分まで左右してしまいます。

 

一度生理のリズムが崩れてしまうと元に戻るまで数ヶ月はかかるもの。その間の、体の負担は思った以上に大きいものです。

まとめ

サプリと言うとお手軽なイメージがありますが、女性ホルモンのリズム、ひいては自分の体は全体のリズムを崩してしまう可能性があることをよく考えてからの使用をお勧めします。